CCIC・JAPAN

誠信 精確 効率
CCIC・JAPAN株式会社は、中国検験認証(集団)有限公司の日本の子会社です。
中国国家質検総局指定のリサイクル原料および中古機械、電気設備船積み前検査をはじめ日中両国にかかわるさまざまな貨物の検査、査定を行うと同時に、
国内外のお客様のご要望に基づき、コンサルティング業務を含む総合的なサービスを提供しております。

カテゴリー

CNAS

CCIC・JAPAN株式会社は検査機関認定規格ISO/IEC17020を取得しています

お知らせ

  • 2018 年 11 月 14 日

 

(重要)リサイクル原料輸出前検査申請受付についてお知らせ

時下、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。平素より弊社検査業務にご協力を賜り、厚くお礼申し上げます。

 

さて、周知の通り2018年12月30日を以て「混合廃金属(Mixed metal)」・「廃自動車プレス」「廃製錬スラグ」「工業等の製造工程を発生源とする廃プラステック」等16種類の固体廃棄物の中国への輸出は禁止となります。

それに伴い、上記輸出禁止該当貨物に関しましては、2018年12月10日(月)をもちまして、検査申請受付を終了させていただきます。本年中の申請をお考えの申請者におかれましては、期限前に必ず申請をしていただきますようお願いします。

 

また、輸出禁止該当貨物について以下の注意点にご留意下さい。

  1. 12月10日までの期限に関わらず、検査予定日が12月17日(月)以降の申請に関しましては、通関が越年する可能性が高くなるため、受付不可となります。

  2. 12月10日以降の証明書発行は、検査料金をご入金後とさせていただきます。

  3. 通関上のトラブルを回避するため、検査貨物の種類や1枚のB/Lにつき1枚の弊社証明書が必要である等、中国側の規定を必ずご確認下さい。

    尚、12月10日以降につきまして、「廃紙(Recovered Paper)」・「廃鋼鉄(FERROUS SCRAP)」・「廃有色金属(NONFERROUS SCRAP)」・「木及軟木廃料(WOOD WASTE AND SCRAP)」の申請については、これまで通り受付をさせていただきます。

    以 上