CCIC・JAPAN

誠信 精確 効率
CCIC・JAPAN株式会社は、中国検験認証(集団)有限公司の日本の子会社です。
中国国家質検総局指定のリサイクル原料および中古機械、電気設備船積み前検査をはじめ日中両国にかかわるさまざまな貨物の検査、査定を行うと同時に、
国内外のお客様のご要望に基づき、コンサルティング業務を含む総合的なサービスを提供しております。

カテゴリー

CNAS

CCIC・JAPAN株式会社は検査機関認定規格ISO/IEC17020を取得しています

ニュース

  • 2018 年 3 月 22 日

 

中国国家認証認可監督管理委員会は2018年3月15日、「強制製品認証マーク簡略化事項に関する公告」を公布

中国国家認証認可監督管理委員会は2018年3月15日、「強制製品認証マーク簡略化事項に関する公告」を公布されました。

 

関連内容を抜粋し、掲載致します。

 

一、強制製品認証マークの印刷、模圧に対する審査及び費用徴収を取りやめ

認証マーク管理センターは、2018年3月20日より、強制製品認証マーク(以降、CCCマークと表示)の印刷、模圧に対する審査及びその審査費用をしないことにした。以降、認証取得企業は各自で(申請することなく)CCCマークを印刷・模圧することになる。

認証取得企業は、各自でCCCマークを印刷・模圧する場合、《強制製品認証マークを付加する管理要求》に基づいて実施する。

 

二、標準CCCラベルのリリースの管理

2018年5月1日より各指定認証機関は標準CCCラベルのリリースを管理する。

 

三、CCCマークの類別表示の廃止

  2018年3月20日より、強制製品認証マークは、S(安全製品)、EMC(電磁両立性)、S&E(安全及び電磁両立性)、F(消防)、I(情報安全)などの細かい分類の表示は不要になった。 既にお持ちのCCCラベルは金型の交換周期及び製品の在庫状況などの自然な移行方式によって廃棄する。

 

四、CCCマークの今後の管理

認証取得企業は、標準CCCラベルの貼付及び各自でCCCマークの印刷・模圧について、《強制製品認証マークを付加する管理要求》及び「《強制製品認証実施規則》に基づいて、CCCマークの使用管理制度を構築するとともに、CCCマークの使用状況を記録・保存する。

 

《強制製品認証マーク管理法》(CNCA2001年第1号公告)は同時に廃止された。

 

公告の中文原文は以下のホームページご参照下さい。

http://www.cnca.gov.cn/xxgk/ggxx/2018/201803/t20180315_56469.shtml